BLOG

BLOG

2021/11/10

世田谷店

News 整備 修理 車検 世田谷区 川崎市

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンクラッチ交換ゴルフ51KGTIクラッチ切れないシフトできない

フォルクスワーゲン ゴルフ 1K GTI ABA-1KAXX クラッチオーバーホール 作業事例

こんにちは、エステックカーサービス世田谷ファクトリーのNです。

 

 

 

 

 

今回は川崎市のY様

 

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラッチオーバーホール 作業事例を紹介致します

 

クラッチの切れが悪くシフト操作ができないというご用命でのレッカー入庫です

 

レッカー入庫したばかりの状態では普通に走行できたのですが、

 

少し走ると急にシフトできなくなってしまいました(>_<)

 

しかし、エンジンを切ってみると普通にシフト操作はできるという症状・・・

 

クラッチを切ったときの踏力も重くなってきている&ミートポイントが遠くなっているのでココは素直に交換ですね(^_^;)

 

では早速交換作業にかかりましょう(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッテリーを取り外して確実な術野を確保していきます

 

・・・とここでいきなりおかしなものを発見してしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか人の手が加わり結ばれています(笑)

 

シフトレバーのツメが割れていて、結んでいないとすっぽ抜けてしまう状態が発生していました

 

しかし、これは今回の症状とは関係なさそうです(@_@) 怪しい雰囲気が漂ってきました

 

ただでさえクラッチキットがドイツ手配になってしまったのに、この部品も追加でドイツ手配です トホホ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して作業を進めていきます

 

まずはトランスミッションの取り外しができました♪

 

レリーズベアリングとレリーズシリンダーが一体式になっています

 

ベアリングが相当異音が発生しています。交換のタイミングとしてはバッチリでしたね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カバーとディスクの交換を行います

 

幸いディスクは少し残っていましたのでフライホイールは無傷で助かりました(*´▽`*)

 

しっかりとディスクのセンターを合わせて組付けます。ココがずれていると後で鳴きを見ますので(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次はレリーズベアリングを交換します

 

ココの摺動が悪くなり、切れ不良が発生するケースが多い様です

 

レリーズはネジロックを塗布して組付けます

 

ここまでくれば折り返し地点ですね。後はトルク管理をしながら慎重に元通りに組付けていきます

 

部品が届いたシフトレバーの交換を行います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとここまで来ました(^-^)

 

あとは元通り組付けて完成となります

 

クラッチの切れ不良も解消し踏力の軽いクラッチが帰ってきました(*´▽`*)

 

これで安心ですね♪

 

川崎市・世田谷区でフォルクスワーゲン ゴルフ 1K GTI ABA-1KAXX クラッチオーバーホール 

 

車検整備・鈑金塗装はエステックカーサービスへお気軽にお問い合わせ下さい

 

川崎市のY様 ご利用ありがとうございました!!

 

 

 

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • ペットOK代車

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら