BLOG

BLOG

2020/01/20

世田谷店

News 整備 修理 車検 調布市

トヨタ

ウォーターポンプオーバーヒートトヨタサーモスタットVベルトサーフハイラックスRZN1853RZファンベルト

トヨタ ハイラックスサーフ RZN185 オーバーヒート修理 Vベルト全数・サーモスタット交換 作業事例

こんにちは、エステックカーサービス世田谷ファクトリーのNです。

 

 

 

 

 

今回は調布市のT様

 

トヨタ ハイラックスサーフ RZN185 オーバーヒート修理 Vベルト全数・サーモスタット交換 作業事例を紹介致します

 

高速走行中に水温が上昇してからエンジン不調→エンジン停止となってしまってレッカー入庫されました

 

トヨタ車ではこの手の不具合となると・・・?

 

まずは車両の現状を点検してみましょう(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンルームを点検すると〇部分が何やら怪しい色をしています・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷却水のリザーバータンクは空でした。バッテリーの辺りに冷却水が飛び散った跡がありますね(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し点検を進めます

 

・・・・!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーターポンプ駆動用のファンベルトが付いていません(/ω\)

 

これでは水温が上昇するのは当然です

 

3本掛けの一番内側のベルトが無いという事はちぎれた欠片が必ずいるはずです

 

波及損害があると危険ですので各部点検を行います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンのプーリーに絡みついています

 

こういった物をしっかり除去しないと大変なことになります

 

他には・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車両の下にも髭が出ています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プーリーに巻き付いたベルトもワイヤーブラシで丁寧に取り除きました(^^)/

 

オーバーヒートしてしまったのでお次はサーモスタットを交換します

 

予防整備的ではありますが、温度上昇によってサーモが開きすぎてしまう事があるのでオーバーヒートの際には要交換です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーモハウジングのケースナット2個を外すとサーモが出てきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがサーモスタットです

 

よく見るとエア抜き孔が上下逆に取り付けられています(+o+)

 

前回交換した人はこのエア抜き孔の役割が分かっていないのかもしれませんねアワワ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーモとガスケットを交換して組み付け完了です。

 

エア抜き孔の位置もしっかりと合わせます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルトもすべて交換しエンジン始動!!

 

冷却系統のエア抜きとロードテストをしっかりと行い、

 

エンジン側にオーバーヒートの被害(ガスケット抜け等)が出ていないかを入念にチェックします

 

エンジン側に問題が無かったので一安心です。最後に一晩冷やして冷却液量を合わせて完成となります(^O^)/

 

これで安心ですね♪

 

調布市・世田谷区でトヨタ ハイラックスサーフ RZN185 オーバーヒート修理 Vベルト全数・サーモスタット交換 

 

車検整備・板金塗装はエステックカーサービスへ気軽にお問合せ下さい

 

経験豊富なスタッフがリーズナブルかつ的確なアドバイスを行います

 

調布市のT様 ご利用ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら