BLOG

BLOG

2019/09/02

世田谷店

News 整備 修理 世田谷区

トヨタ

トヨタランクル100UZJ100触媒カバー遮熱板

トヨタ ランドクルーザー UZJ100 エンジン始動後カラカラ音修理 右バンク触媒遮熱板交換 作業事例

こんにちは、エステックカーサービス世田谷ファクトリーのNです。

 

 

 

 

 

今回は世田谷区のT様

 

トヨタ ランドクルーザー UZJ100 エンジン始動後カラカラ音修理 右バンク触媒遮熱板交換 作業事例を紹介致します

 

始動後(特に冷間始動時)にエンジン辺りからカラカラ音がするというご用命です

 

実際に入庫戴いて症状の確認をしてみると、どうやら下廻りからカラカラと音が聞こえます・・・(@_@)

 

リフトアップして音の原因を探ってみましょう(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音を辿って部位を探ってみると、どうやらこの辺から音が聞こえてきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因はココです!!

 

触媒の遮熱板から音が発生しています

 

音の発生している時に遮熱板を押さえると症状が解消します。これで確定ですね!

 

ここで解消しないとなると触媒の内部からという可能もあるので誤診はできません(^-^;

 

遮熱板の一部が錆で折損しているので回転数によっては振動で動いてしまったことで

 

カラカラ音が発生してしまっていたんですね。う~ん納得(^^)v

 

しかし部品がメーカー欠品の為しばらくお預かりに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとの事で部品がそろったので早速取り外しにかかります

 

6本のボルトで固定されてますが、一本目からこの洗礼です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果何本もこの状態になりました(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあボルトもすべて新品にするので、ポキポキ折ってやっと外れました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが遮熱板のない状態の触媒になります

 

燃焼状態によっては真っ赤になるほど高温になります

 

遮熱板は意外と重要な部品なんですよね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新旧比較です

 

分かりにくいですが、外した部品の右上のカバーの角が欠損しているのが分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品ボルトにて取り付け完成です♪

 

始動後・走行時どちらも気になっていた異音は解消しました( `ー´)ノ

 

特に雪山仕様等はこういった場所にダメージを受けやすいので注意が必要です

 

とはいってもなかなかスキー・スノボーの後に下廻りを毎回洗うのは結構な労力ですよね~

 

世田谷区・23区でトヨタ ランドクルーザー UZJ100 エンジン始動後カラカラ音修理 右バンク触媒遮熱板交換 

 

車検整備・板金塗装はエステックカーサービスへ気軽にお問合せ下さい♪

 

顔の見える整備でお客様目線の提案を心がけています

 

世田谷区のT様ご利用ありがとうございました!!

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら