BLOG

BLOG

2020/01/20

世田谷店

News 整備 修理 世田谷区

トヨタ

トヨタエンジン警告灯ヴォクシーAZR60G1AZ-FSEノアAZR65Gエアバッグ警告灯スパイラルケーブル交換

トヨタ ヴォクシー CBA-AZR60G エアバッグ警告灯点灯修理 スパイラルケーブル交換 作業事例

こんにちは、エステックカーサービス世田谷ファクトリーのNです。

 

 

 

 

 

今回は世田谷区のT様

 

トヨタ ヴォクシー CBA-AZR60G エアバッグ警告灯点灯修理 スパイラルケーブル交換 作業事例を紹介致します

 

エアバッグの警告灯が消えないとの事でご入庫されました。

 

車検が近いとの事ですので修理が必要になりますね。

 

そうなんです。最近は車検時に異常警告灯が点灯していると車検の検査に合格しないというルールになっているのをご存知でしたか?

 

エンジンやエアバッグ、ブレーキの警告灯など等々・・・。

 

まあ異常のまま車検にパスできるはずもないのですが(/ω\)

 

早速診断にかかります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッチリ点灯していますね~

 

イグニッションONのまま放置しても全く消えません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこんな時は純正診断機に限ります(*´▽`*)

 

どれどれ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

D席前突スクイブオープンという事は

 

センターエアバッグセンサーからホーンボタンの運転席エアバッグの間で断線を起こしているんですね~

 

しかしこの文言では知らない人だとわけわからないですよね( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアバッグにテスターの抵抗測定を行う事はできません。

 

なぜかというと抵抗測定は電流を流すので、その電流でエアバッグが展開してしまうからです(@_@)

 

ですのでエアバッグ本体以外の断線を先につぶしていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点検の結果、スパイラルケーブルの2本線のうち1本が断線しかかっていて抵抗大となっていました

 

という事はスパイラルケーブルを交換すれば治るという事になりますね♪

 

こういったしっかりとした診断を行わないと高額な部品を交換しても誤診となり大トラブルになってしまいます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較しても明らかに車両についていた方は埃まみれでダメオーラを出しています(笑)

 

サクッと交換作業にかかります(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時重要なのが、スパイラルケーブルをセンター位置に合わせる事になります

 

一回転ずれた位置にセットしてしまうとハンドルを回した際にケーブルが切れていまいます(-_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交換後バッチリ警告灯が消えました(*´▽`*)

 

最後にロードテストとテスターリセットを行い完成となります

 

これで車検も安心ですね♪

 

世田谷区・23区でトヨタ ヴォクシー CBA-AZR60G エアバッグ警告灯点灯修理 スパイラルケーブル交換 

 

車検整備・板金塗装はエステックカーサービスへ気軽にお問合せ下さい

 

車両と向き合いしっかりとした診断を行い不具合部品を探求します

 

世田谷区のT様 ご利用ありがとうございました!!

 

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら