BLOG

BLOG

2021/06/30

世田谷店

News 整備 修理 車検 世田谷区 品川区

ベントレー

フライングスパーウォーターポンプサーモスタットクーラント漏れコンチネンタルシールリング

ベントレー コンチネンタル フライングスパー V8 クーラント漏れ修理 作業事例

こんにちは、エステックカーサービスのOでございます。

 

 

今回は品川区よりご入庫のT様。

 

 

ベントレー コンチネンタル フライングスパー V8 クーラント漏れ修理 作業事例をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

車検整備でのご入庫です。

 

 

 

 

V8エンジンですが、エンジンルームはパンパンです。

 

 

 

点検させていただくとクーラント漏れがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

下から見た画像。

 

 

エンジンのオイルパンが異常に長いですね。

 

 

 

 

 

僅かですがクーラント漏れがありました。

 

 

サーモスタットカバーにクーラントの付着があり、当初カバーの交換で対処できると思いました。

 

 

 

 

 

が、漏れ箇所はさらに上側にあり目視が出来る状態ではありません。

 

 

分解しながら確認して行く事になりました。

 

 

 

 

 

 

基本的にこの手の車両は前側全バラシが必要です。

 

 

ベルトの交換すらできません。

 

 

グリル・バンパー・フェンダーとサクサク外していきます。

 

 

 

 

 

 

ヘッドライトを取り外し、ラジエーターAssyがようやく取り外せます。

 

 

やっとスタートラインに立てましたよ、、、。

 

 

いつ見ても理不尽な光景です。

 

 

 

 

 

 

 

これがウォーターポンプ。

 

 

サーモスタットが一体になっていて、カバーだけの供給は無し?!!

 

 

 

漏れの原因はウォーターポンプの上側に入るパイプのシールリングでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パイプ類を取り外してウォーターポンプを取り外していきます。

 

 

漏れ箇所では無いですが、予防も含め関連する部分はすべて交換していきます。

 

 

当然ベルトも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいウォーターポンプに交換。

 

 

 

 

 

ウォーターポンプのパイプが入る部分のシールリングも忘れずに交換。

 

 

 

 

 

どんどん組み付けていきますよー!

 

 

 

 

 

 

そしてこれが今回の原因のシールリング。

 

 

たったこれだけの為にここまでの作業が必要になります。

 

 

 

 

 

 

さらに驚きなのがこのシールリングは単体での供給が無し???!

 

 

 

こんな高そうな部品ごとの供給になります。

 

 

 

なんか、、、、色々さすがですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

肉厚になったシールリング。

 

 

当然ですがすべて元通りに組み付けていきます。

 

 

漏れの確認をよーく行ってからご納車させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

ベントレーの点検・修理・車検も是非エステックカーサービスまで!

 

 

どんな事でもご相談ください。

 

 

品川区のT様、ご利用ありがとうございました。

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら