BLOG

BLOG

2020/07/29

世田谷店

News 整備 修理 車検 世田谷区

ポルシェ

ポルシェボクスターサーモスタット交換冷却水漏れウォーターポンプ交換ホース交換クーラント漏れ986

ポルシェ ボクスター 986 E-986K 冷却水漏れ修理 ウォーターポンプ・サーモスタット・ホース一式交換 作業事例

こんにちは、エステックカーサービス世田谷ファクトリーのNです。

 

 

 

 

 

今回は世田谷区のI様

 

ポルシェ ボクスター 986 E-986K 冷却水漏れ修理 ウォーターポンプ・サーモスタット・ホース一式交換 作業事例を紹介致します

 

路上でエンジンルームより煙が出てオーバーヒートとの事でレッカー入庫されました

 

早速漏れ箇所の点検をしようとリフトにセットしてみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありゃー・・・    も、漏れ箇所の発見は容易そうでなによりです(^-^;

 

こうなればエンジンルームをしっかり点検しなきゃですので上部と前方カバーを取り外していきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シート後ろのマットを外してサービスホールを取り外すとエンジンが見えます

 

毎回思いますがどうせサービスホールならもう少し広く開けていただけると助けるのですがポルシェ殿(-。-)y-

 

とにかく漏れ箇所の確認と修理を行っていきましょう(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上部からは漏れの跡はありませんね。

 

点検の結果、定番ではありますがエンジンのウォーターポンプからの漏れと判断しました

 

となると次はファンベルトを外していくわけですが、外したところで異常を発見!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンベルトが掛かるアイドラプーリーです。

 

ベルトを外した状態で回転状態を見ると、手で回してもシャラシャラ音が出ています・・・(+o+)

 

回転部分のベアリングが劣化していて異音が出ています。

 

せっかくここまで見ているのですから同時に交換してしまいましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷却水が吹いてしまっているので原因のウォーターポンプと同時にサーモスタット・ホース一式も交換します。

 

全ての部品が外れたら取付面の清掃を念入りに行います。

 

けっこうカスが残っているので新品を組付け後のトラブル回避には重要な作業となります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーターポンプとサーモスタット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドラプーリー2個

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホース一式を交換します。

 

どんどんリフレッシュされていきます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部品の組付けが完成しました

 

しかしここからが本当の作業となります。

 

それは冷却系統のエア抜きです。フロントにラジエターがあって、リヤにエンジンがあるので配管が長くエア抜きが非常に困難です

 

後ろを持ち上げた状態にしてエンジンをかけて、冷やして・・・ロードテストして・・・念入りに行います

 

リアルに交換作業よりよっぽど時間がかかります( ゚Д゚)

 

何度も冷却水を補充して、具合を確認して納得のいくレベルになったらやっと出庫となります♪

 

これで安心ですね♪

 

世田谷区・23区でポルシェ ボクスター 986 E-986K 冷却水漏れ修理 ウォーターポンプ・サーモスタット・ホース一式交換

 

車検整備・板金塗装はエステックカーサービスへ気軽にお問い合わせください

 

世田谷区のI様 ご利用ありがとうございました!!

 

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら