BLOG

BLOG

2020/09/18

世田谷店

News 整備 修理 車検 世田谷区

ポルシェ

ポルシェカイエン957エンジン不調警告灯点灯エンジン振動イグニッションコイル交換9PAスパークプラグ交換警告灯点滅

ポルシェ 957 カイエンS 9PA ABA-9PAM4801 エンジン振動・警告灯点滅修理 イグニッションコイル・スパークプラグ全数交換 作業事例  

こんにちは、エステックカーサービス世田谷ファクトリーのNです。

 

 

 

 

 

今回は世田谷区のD様

 

ポルシェ 957 カイエンS 9PA ABA-9PAM4801 エンジン振動・警告灯点灯修理 イグニッションコイル・スパークプラグ全数交換 作業事例を紹介致します

 

エンジン警告灯の点滅と共にエンジン振動が発生するというご用命でご入庫されました

 

ここでポイントはエンジン警告灯が『点滅』という事です

 

普段は点灯しているのですが、点滅となると燃焼が行われず失火となった場合に起こります

 

失火すると噴射したガソリンが高温状態の触媒にそのまま送られてしまい触媒損傷の恐れがある場合に点滅をして

 

ドライバーに早く点検と修理を促すといった具合になります

 

がしかし、ご来店いただいた時には点滅や点灯、エンジン振動までも発生しない状態でした(-_-)

 

こうなるとテスターにてコンピューターの過去不具合の履歴を元に修理を行う事がセオリーとなります

 

では早速診断を行っていきましょう(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3番シリンダーの失火履歴がありますね

 

走行距離も相当ですのでここは定番のイグニッションコイルとスパークプラグを全数交換して安心しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カイエンの場合はV8といってもそこまで難易度は高くありません

 

唯一の難関はここまで走行してきた車両という事です・・・半端じゃなく熱いんです(>_<)

 

火傷に注意して安全第一ですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マウントを外してコイルカバーを両バンク外すとコイルが露出します

 

コイル取付ボルトを落とさない様に細心の注意を払います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コイル・プラグが全数外れました

 

原因の3番シリンダーは火花がリークした跡がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品部品の取り付けが出来ました(^-^)

 

カバーマウントを取り付けて復元完了です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げにテスターリセットをして走行テストを行います

 

振動発生や警告灯の点灯も起きないので無事に完成となります

 

これで安心ですね♪

 

世田谷区・23区でポルシェ 957 カイエンS 9PA ABA-9PAM4801 エンジン振動・警告灯点灯修理 イグニッションコイル・スパークプラグ全数交換 

 

車検整備・板金塗装はエステックカーサービスへ気軽にお問合せ下さい

 

世田谷区のD様 ご利用ありがとうございました!!

 

 

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら