BLOG

BLOG

2020/02/29

調布店

News 板金塗装 修理 ペイント 文京区

ポルシェ

ポルシェ鈑金塗装左側面小穴メーラ

ポルシェ・パナメーラの左側面の修理をしました。

  こんにちは。調布店 清水です。

  今回ご紹介するお車は、文京区よりご依頼頂きましたポルシェ・パナメーラになります。  

IMG_20200201_135645_R  

今回の損傷個所を確認していきましょう。

  損傷個所は、左リアドア、左クォーターパネル、リアバンパーの3パネルにキズと凹みが確認できます。 

IMG_20200201_135656_R IMG_20200201_135702_R  

反対から見ると少しクォーターパネルが内側に入っていることも確認できます。

  リアバンパーにはキズのみがあるのが確認できました。  

IMG_20200201_135721_R  

更に近寄って見るとドアハンドルにもキズが付いています。  

IMG_20200201_135739_R  

確認が終了しましたので、作業に入ります。

  今回は一ヵ所に損傷がありますが、3パネルにわたっています。

  その為に先ずは必要部品を外していきます。 

リアバンパーを外す前に左右のテールランプを外してからリアバンパーを外してます。

  この順番で作業をするのはテールランプの下にリアバンパーを止める部品があるからです。

  リアバンパーのみでも外すことは可能ですが、バンパーを止める部品は爪で出来てています。

  この爪が引っかかった状態ですと、リアバンパーを引っ張って外すことになる為に爪が折れたりバンパー側が切れたりする可能性があります。  

そのようなことが無いよう、エステックカーサービスではテールランプは外します。  

IMG_1287_R

  外したリアバンパーのキズはサンディングして落とし、サフェーサー塗装にて塗膜の段差を埋めていきます。

  IMG_1294_R

  リアバンパーの修理と部品の脱着をしながらのリアドアとクォーターパネルの修理を同時に作業していきます。

  更にこれらの作業をしている中で作業時間の隙間が出た時にリアドアのドアハンドル等付属部品を外し、塗装の為の準備もしていきます。  

IMG_1295_R

  クォーターパネルの損傷が内側に入っていましたので、リアドアを開けた内側にも修理がされたので先ずは内側のみの塗装をする準備をしていきます。  

ここで内側を先に塗装するのは、ドアを閉めた外側のパネルは続きパネルとなりますので、外側全てを同じ条件下で塗装をする必要がある為です。  

IMG_1421_R  

先ずは内側の塗装が完了したので、しっかりと乾燥させ次の表側の塗装に入っていきます。

  IMG_1424_R

  ここからボディ、リアバンパー、ドアハンドルそれぞれを本塗装をしていきます。  

IMG_1425_R IMG_1427_R IMG_1422_R IMG_1423_R IMG_1426_R

  本塗装が終了したら組み付けと磨きをして全ての作業が完成となります。  

1_R

  完成後ですが、キズや凹みがしっかりと元通りに戻っています。

  綺麗に仕上がりました。  

 

エステックカーサービスでは、今回お伝えしましたように何台ものお車を同時に作業しております。

  でも仕上がりだけは落としません。

  ですのでご安心してご依頼ください。

  皆様からのご一報お待ちしております。

  整備についてはコチラ!  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら