BLOG

BLOG

2019/08/29

世田谷店

News 整備 修理 世田谷区

ベンツ

リビルトR170SLK230ヴァリオルーフシリンダーオープンにできない

メルセデスベンツ R170 SLK230 ヴァリオルーフ修理 作業事例

 

こんにちは、エステックカーサービスのOでございます。

 

 

今回は世田谷区よりR様。

 

 

メルセデスベンツ R170 SLK230 ヴァリオルーフ修理 作業事例をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

R107といえばベンツで最初にヴァリオルーフ機能を備えたモデルですね。

 

 

 

W124などもオープンモデルはありましたが、完全に自動制御になったのこのR170だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そんなR170ですが、ヴァリオルーフが動かない!

 

 

 

 

 

オープンカーなのにオープンにできない!

 

 

 

 

 

そんな悲しい事はありませんので早速点検していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランクルームのカバーに妙な汚れがありました。

 

 

 

 

 

 

雨漏れの様でしたが、さわってみるとオイルっぽい液体でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま上を確認してみると、ヴァリオルーフのメインシリンダーからのオイル漏れでした。

 

 

 

 

 

 

 

タンクを見てみるとオイルが空っぽで全く油圧が無い状態でした。

 

 

 

 

 

 

これでは開くはずがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダー自体はこのようにセットされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手動で開けて、少しづつ動かしながらシリンダーを外していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがタンクになります。

 

 

 

 

 

各シリンダーからのホースがすべてここに接続されています。

 

 

 

 

 

 

左側がオイルが入るタンクで、右側の金属部分が油圧を作るモーターになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダーが外れました。

 

 

 

 

 

ホースも一体なので、取り外しは大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダー可動部分のシール不良によるものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はリビルト済みのシリンダーに交換いたします。

 

 

 

 

 

もちろん左右セットで交換です。

 

 

 

 

 

漏れている部分だけでもいいのですが、過去に片側を直して出庫しすぐに反対側が漏れたなんてこともありました。

 

 

 

 

 

 

そりゃ同じ時に作っている部品で同じ動きをしているから、劣化具合は同じですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交換して外した物を戻していき動作確認です。

 

 

 

 

 

 

実はこの最初の動作確認は割とドキドキしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

オイルラインのエア抜きをし、汚れたトランクルームを綺麗に清掃し完成でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンカーは夏でも冬でも開けたい時に開けたいですよね!

 

 

 

 

 

メルセデスベンツで幌・ヴァリオルーフの修理も是非エステックカーサービスまで!

 

 

 

 

 

 

 

 

世田谷区のR様、ご利用ありがとうございました。

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら