BLOG

BLOG

2020/05/26

世田谷店

News 整備 修理 車検 世田谷区 品川区

BMW

7シリーズオーバーヒートクーラント漏れE65警告灯パイプ745LiE66リペアキット

BMW 7シリーズ 745Li E65 クーラント漏れ修理 作業事例

 

こんにちは、エステックカーサービスのOでございます。

 

 

 

今回は品川区よりご入庫のT様。

 

 

 

BMW 7シリーズ 745Li E65 クーラント漏れ修理 作業事例をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クーラントレベルの警告灯が点灯したとの事でご入庫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブタンクをチェックしてみると確かにクーラントが減っている状態です。

 

 

 

 

 

 

レベルセンサーの不具合では無さそうです。

 

 

 

 

 

 

実際にエンジンを掛けてみると、すぐにポタポタとクーラントが垂れてきました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速点検していきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E系とは言えまだまだ現役?です。

 

 

 

 

 

 

 

39や46・90など走っている姿を街中でもよく見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

綺麗なエンジンルームで大事にされているのが分かりますね。

 

 

 

 

 

 

 

ウォーターポンプなどもしっかり交換されているお車でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クーラントが垂れてくる先を追っかけて行くと漏れている箇所が分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンのフロントカバーの印の部分から漏れていました。

 

 

 

 

 

 

 

以前にもブログでご紹介しましたが、ブロック内のシールリングの劣化によりここから漏れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常の修理方法はエンジン分解しての修理ですが、今回もリペアキットを使用して修理していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジン分解なんて、お客様に大変なご負担をかけてしまいますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速作業を始めていきますが、慣れた作業なのでここら辺はどんどん進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルト周りの脱着に始まり、インテークマニホールドの脱着。

 

 

 

 

 

 

 

プラスチック製のパイプがいくつもあるので、慎重にかつスピーディーに作業していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンブロック上部のカバープレートを外すと問題のパイプが確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

この前後にあるシールがダメになり今回のクーラント漏れを引き起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パイプを容赦なく切断していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パイプはものすごく固着しているので、取り外しには結構な力が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが主原因のシールです。

 

 

 

 

 

 

なんかこの状態でおかしいのが分かりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り外すとしっかり分かります。

 

 

 

 

 

 

劣化して内部の圧力に耐え切れず崩壊してしまったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが今回も使用するリペアキットです。

 

 

 

 

 

 

 

パイプが2分割になっており、突っ張り棒のような感じで固定していきます。

 

 

 

 

 

 

 

実際このキットがあって本当に良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

これが無かったと思うと正直ゾッとしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部品設定としては今回のV8用とあまり使われないであろうV12用があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前後のシールリングを新品に交換してパイプを取り付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはフロント側をグイッと取り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてリア側にもパイプを取り付けテンションのかかる位置で固定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして取り外した部品をどんどん組み上げていき、クーラントを充填していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり水温を上げて確認していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロードテストを行い問題無いことを確認しご納車させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

費用もかなり抑える事が出来ましたので、お客様にも喜んでいただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの季節はクーラント漏れが多くなってきますので、出来るだけ早めに点検をお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BMWの点検・修理も是非エステックカーサービスまで!

 

 

 

 

 

 

 

品川区のT様、ご利用ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら