BLOG

BLOG

2020/03/22

世田谷店

News 整備 修理 車検 世田谷区 府中市

BMW

420iオーバーヒートクーラント漏れオイル交換F36グランクーペオイルフィルターハウジング

BMW F36 420i グランクーペ  クーラント漏れ修理 作業事例

 

こんにちは、エステックカーサービスのOでございます。

 

 

今回は府中市よりご入庫のK様。

 

 

BMW F36 420i グランクーペ  クーラント漏れ修理 作業事例をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

クーラントレベル警告灯が点灯し、補充したがすぐにまた警告灯が点灯してしまうとのこでご入庫です。

 

 

 

 

 

すぐに点灯となるとかなりの量の漏れが予想されますね。

 

 

 

 

 

早速点検していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりコンパクトなエンジンです。

 

 

 

 

上から点検したところ目立った漏れは確認できませんでしたが、クーラントを補充しエンジンをかけるとポタポタと漏れてきました。

 

 

 

 

 

エンジンルーム後方より漏れているようですが、様々なパーツが入り組んでおり漏れ箇所が確認できません。

 

 

 

 

 

お客様に了承をいただき、分解しながら漏れを確認して行く事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から見るとコンパクトでしたが、後ろ側に色々詰まっているエンジンです。

 

 

 

 

 

 

とりあえず大物のインテークマニホールドを外していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテークマニホールドを外すと一気に景色が広がりました!

 

 

 

 

この状態で再度確認させていただいたところ、エンジンオイルフィルターのハウジングより漏れが確認できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この部分です。

 

 

 

 

オイルクーラー付属の為、クーラントラインが組み込まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り外すとオイル漏れの跡もあり、そのオイルがパッキンをダメにしてしまった感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルラインのパッキンはカチカチで、クーラントラインのパッキンはオイルを吸ってブヨブヨになってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材が樹脂で歪みなどもありそうだったのでフィルターハウジングは新品に交換します。

 

 

 

 

 

オイルクーラーはパッキンを新品にして再使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものカットですがパッキンにしっかりとした厚みがあります。

 

 

 

 

 

この後元通りに組み立てていき、クーラントを補充します。

 

 

 

 

 

時間をかけクーラントをエア抜きし漏れの確認を同時に行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走った感じも調子が良く、エンジンオイルも交換してご納車させていただきました。

 

 

 

 

 

長距離走行が多いお車で距離も走っていますが、まだまだ乗れそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BMWの故障・点検・修理も是非エステックカーサービスまで!

 

 

 

 

 

府中市のK様、ご利用ありがとうございました。

 

 

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら