お役立ち情報

S-TECH お役立ち情報

ポルシェの車検費用は安くできる?高額な理由と安く抑える方法を解説!

2020/12/25

日常点検

黄色のポルシェ

ポルシェといえば、輸入車のなかでも特に人気が高く、特別に扱われるほどの車です。そのため、車検費用も他の車種と比べて高いと考えている方も多いでしょう。

 

このページでは、ポルシェの車検費用が高額になる理由と車検費用を抑える方法を解説していきます。

 

ポルシェの車検費用は高い?

ポルシェの車検費用について、まずは法定費用や車検基本料に中心に解説します。

 

法定費用は一律

法定費用とは、以下の3項目より成り立つ「一律にかかる費用」です。つまり、ポルシェだからといって高額になることはありません。

 

・自賠責保険

自賠責保険とは、車の所有者が必ず加入しなければならない保険です。

加入の証明書として発行される「自賠責保険証明書」は、運転時に必ず携帯する必要があります。

 

自賠責保険に加入(携帯)せずに運転をしてしまうと「無保険車運行」となり、刑事処罰の対象となってしまうため注意しましょう。

 

・自動車重量税

自動車重量税とは、自動車の重量に対して支払う税金です。以下の4つの項目より金額が変わります。

 

  • 車種
  • 車両重量
  • 年数
  • エコカー減税適用有無

 

・印紙代

印紙代とは、車検の審査・車検適合証発行に関わる手数料のことです。指定工場と認証工場、ナンバーの違いで差がありますが、どちらも1,200~1,800円以内の費用に収まります(普通車の場合)。

 

費用が高いのは車検基本料

上記のとおり、法定費用は一律なのでポルシェの車検費用が高い理由にはなりません。では、なぜポルシェの車検費用が高くなるでしょう。それは、「車検基本料」に差が出るためです。

 

ポルシェは特別な車種ということもあり、ディーラーで車検を受ける方が多いのではないでしょうか?しかし、ディーラーでは純正パーツを輸入して対応するため、国産車より割高になります。また、ディーラーでの車検は指定点検(整備)項目数も多く、これも割高になる原因です。

例えば、ディーラーの指定点検項目を一部ご紹介すると以下のようなものがあります。

 

<制動装置>

  • ブレーキ・ペダルの遊び、踏み込んだときの床板とのすき間
  • ブレーキのきき具合
  • パーキング・ブレーキ・ペダルの踏みしろ
  • パーキング・ブレーキのきき具合
  • ホース、パイプの漏れ、損傷、取り付け状態
  • マスター・シリンダ、ホイール・シリンダ、ディスク・キャリパーの液漏れ
  • マスター・シリンダ、ホイール・シリンダ、ディスク・キャリパーの機能、摩耗、損傷
  • ドラムとライニングとのすき間
  • シューの摺動部分、ライニングの摩耗
  • ドラムの摩耗、損傷
  • ディスクとパッドとのすき間
  • パッドの摩耗
  • ディスクの摩耗、損傷

引用:ポルシェジャパン株式会社

 

ポルシェの車検を行っている場所はディーラーだけではない

整備中のポルシェ

 

ディーラー以外の民間車検でも、ポルシェの車検は可能です。民間車検を利用することで、車検基本料を抑えられる可能性があります。

 

どういった工場で受け付けているのか?どうやって選べばいいのか?ここからは、そういった疑問にお答えしていきます。

 

ポルシェの車検を取り扱っている工場(カーショップ)がある

ポルシェは非常に高性能であるため、それに対応した熟練の整備士が車検をする必要があります。そのため、通常民間車検で取り扱っているところは多くはありません。

 

しかし、ディーラーと同等以上の熟練の整備士が在籍してポルシェを取り扱う民間車検工場も存在します。

 

ポルシェを民間車検でメンテナンスする

ポルシェディーラーでは車検時の交換部品は純正パーツで交換しますが、民間車検では同等の社外品パーツに交換することで、部品代が安くなる場合があります。

 

また、ディーラーでは整備項目数が多く、工賃が高くなりがちですが、民間車検では一般的な整備項目数のため、費用が抑えられます。

 

 

■ポルシェに適した民間車検を選ぶ際のポイント

ポルシェを民間車検でメンテナンスすると、費用が抑えられることがわかりました。ここからは、民間車検を選ぶポイントを解説します。

 

◇多くのメーカーを取り扱っている車検場であるか

先ほども触れたように、民間車検のすべてがポルシェのメンテナンスを取り扱っている訳ではありません。ポルシェを含む多くのメーカーを取り扱っている民間車検業者なのかをまず確認しましょう。

 

車検内容を詳細に説明してくれるか

ポルシェを扱っている民間車検業者を見つけたあとは、電話や対面でその業者に問い合わせをしましょう。

 

細かいところまでしっかりと解説してくれる、丁寧な業者を選ぶと良いです。問い合わせの時点で誠実に対応してくれる業者は、愛車についても誠実に対応してくれるでしょう。

 

◇相見積もりを取って比較する

1つだけで完結せず、複数社から見積もりを取って比較することで安い業者を見つけることが可能です。比較すると大きく値段が異なることがあるので、よく確認することをおすすめします。

 

◇車検にかかる時間

早く車検を終えたい方は、作業がスピーディーなところを選びましょう。通常は2~3日かかりますが、業者によっては当日車検やスピーディー車検を行なっているところもあります。

 

このとき、事前予約も忘れずに行ないましょう。予約なしで当日受け付け可能なところもありますが、事前予約している場合に比べて時間がかかる可能性が高くなります。

 

◇代車などサービス面もチェック

代車などのサービス面が充実している整備業者は、さまざまなことに柔軟に対応してくれる可能性が高くおすすめです。また、車検後のフォローがあるのかもチェックしておきましょう。

 

まとめ

今回は、ポルシェの車検が高くなる理由や安くする方法を解説しました。費用がすべてではないですが、極力安く済ませられるに越したことはありません。しかし、「価格と質を両立する最適な車検整備業者を見つけるのは大変……」とお困りの方も多いでしょう。

 

そういった方におすすめなのが、弊社エステックカーサービスです。エステックカーサービスでは、12ヵ月点検、オイル交換、オーバーホールなど、あらゆる輸入車・高級車の整備に対応しております。

 

オーナー様と綿密なやり取りを行ないながら整備を進めていきますので、整備内容も安心です。お見積もりも無料で行なっていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

整備・車検:https://s-techcars.co.jp/maintenance/

 

 

 

 

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら