お役立ち情報

S-TECH お役立ち情報

外車の修理費は高い?高額になる理由と少しでも安くするためのポイント


2019/09/21

修理

ターコイズブルーの車の査定

国産車と比較して外車の場合、点検整備などで見つかった不具合を修理するための修理費が高いと言われています。輸入が必要な部品が割高になる傾向にあり、高級車・高額車になればなるほど部品代は高く、また、クルマの年式が古くなればなるほど修理にかかる金額は高くなります。

ディーラー任せで純正部品にこだわり続けるユーザーばかりではなく、外車の部品代や修理費を少しでも安くしたいといったユーザーも少なくありません。今回は、外車の修理費が高い理由について、外車の修理費を少しでも安く抑えるポイントについて紹介します。

 

外車の修理費が高い理由

外車の修理費が高いと言われる理由は、部品代が高いからです。

国産車の場合には、国内メーカーが製造し、国内で販売されますが、外車の場合には、海外で製造され日本のインポーターが輸入して日本で販売されることから自然と部品代は割高になります。

 

外車の場合、国産車よりも消耗品を交換する頻度が高く、メンテナンスにかかる費用が高額になる傾向にあります。

 

外車の場合、部品代の他に、工賃が割高になります。ディーラーの整備士の研修費用も工賃に上乗せされています。新型車が発売されるたびに、クルマの整備方法や特徴を学ぶ必要があり、場合によっては海外での研修を実施する場合があります。国産車の場合には、海外での研修はありませんので、外車ディーラーでの整備料金よりも安く設定することが可能になります。

 

修理費が高くなる外車の特徴

最近の外車の場合は、部品の流通量も多く、国産車よりも少々高額な部品代で済みますが、年式の古い外車や中古車の場合は、部品の流通量が少なくなるため高くなる傾向にあります。また、国内にストック部品が無く、海外からの取り寄せで、時間がかかる場合もあり、部品は高価格になりがちです。  概ね2000年以前の外車については、さらに故障のリスクが高く修理費が高くなる傾向にあります。 日本の環境に合わない材質の部品を使用したクルマが多いため、エアコンやパワーウインドウなど電装系の不具合やゴム部品の劣化に注意が必要です。また、2000年以前の外車は約20年以上前のクルマになります。程度良好なクルマを選んだとしても消耗品の交換サイクルが早く、次どの部分に不具合が生じるか予想しながら早め早めの部品交換が大切になるため、修理費を含めたメンテナンス費用が高額になります。 20年以上前のクルマの場合、国産車を選んでも同等のリスクがあり、修理にかかる工賃は外車より安くても、部品が生産終了のため入手できないことは、十分に考えられます。  希少車も低年式のクルマ同様、部品の流通が少なくなり、修理費が高額になります。新品部品が高額なケースや生産終了で入手不可能な場合には、中古部品をオーバーホールして再生したリビルド品の利用も検討する必要があります。 新品を購入するより安く、壊れた部品を修理するよりもリビルド品で交換する方が簡単で工賃も安く済む場合があります。  中古車で安く購入した高級外車の修理費にも注意が必要です。高級車になればなるほど部品代は高くなります。車両本体は安く購入できても、交換する部品は高級車の価格ですので、高級外車の中古車選びには注意が必要です。  ■外車の修理費を安くするためのポイント 高額になりがちな外車の修理費を少しでも安くするためのポイントについて紹介します。 全てディーラーでメンテナンスから修理まで行う場合、純正パーツを使用しメンテナンスを行うため、安心して任せることができる反面、修理費は高額になります。  ディーラー整備にこだわらないユーザーの場合は、民間整備工場でメンテナンスから修理を行うことも可能であり、ディーラーに比べて費用は安く済みます。ただし、自分の車種に詳しい整備工場を選ぶことが大切で、詳しくない整備工場に入庫した場合、後々トラブルを招きかねません。 民間整備工場の場合には、中古品やリビルド品、純正同等の性能を持つ新品部品(OEM品等)を利用したい場合には、気軽にお願いすることが可能で、純正部品の新品と比較すると安く購入することが可能です。  修理費を安くするために、インターネットオークションや解体業者から自分で部品を見つける方法もあります。人気の高いメルセデスベンツやBMW、フォルクスワーゲンなどは、その分、廃車になっているクルマも多く、部品がバラ売りされているケースがあり、部品の流通量は多くなっています。 ワイパーやブレーキパットなどの消耗品やバッテリーの場合は、適合する新品をインターネットショップで選び購入することで、国産車の部品に近い価格で入手することも可能です。なお、ブレーキパットの取り付けについては整備資格を持つ整備工場に依頼しましょう。  ■まとめ 外車の修理費用は、部品が海外から輸入されてくるため部品代が国産車より高くなります。インターネットを使って自分で適合品を購入したり、オークションを利用して中古部品を購入したりすることで、部品代を抑えることが可能です。 また、ディーラー整備にこだわらない場合には、民間整備工場に依頼することで、修理代を抑えることが可能です。ディーラーの整備士は、海外で研修を行うこともあることから、ディーラーの整備工賃は研修費用も含め、高めに設定されています。 外車の修理費用は、年式が古いクルマ、生産台数が少ないレアなクルマ、新車価格が高価な高級車になればなるほど、部品代を含め修理費用は高くなる傾向にあります。

 

最近の外車の場合は、部品の流通量も多く、国産車よりも少々高額な部品代で済みますが、年式の古い外車や中古車の場合は、部品の流通量が少なくなるため高くなる傾向にあります。また、国内にストック部品が無く、海外からの取り寄せで、時間がかかる場合もあり、部品は高価格になりがちです。

 

概ね2000年以前の外車については、さらに故障のリスクが高く修理費が高くなる傾向にあります。

日本の環境に合わない材質の部品を使用したクルマが多いため、エアコンやパワーウインドウなど電装系の不具合やゴム部品の劣化に注意が必要です。また、2000年以前の外車は約20年以上前のクルマになります。程度良好なクルマを選んだとしても消耗品の交換サイクルが早く、次どの部分に不具合が生じるか予想しながら早め早めの部品交換が大切になるため、修理費を含めたメンテナンス費用が高額になります。

20年以上前のクルマの場合、国産車を選んでも同等のリスクがあり、修理にかかる工賃は外車より安くても、部品が生産終了のため入手できないことは、十分に考えられます。

 

希少車も低年式のクルマ同様、部品の流通が少なくなり、修理費が高額になります。新品部品が高額なケースや生産終了で入手不可能な場合には、中古部品をオーバーホールして再生したリビルド品の利用も検討する必要があります。

新品を購入するより安く、壊れた部品を修理するよりもリビルド品で交換する方が簡単で工賃も安く済む場合があります。

 

中古車で安く購入した高級外車の修理費にも注意が必要です。高級車になればなるほど部品代は高くなります。車両本体は安く購入できても、交換する部品は高級車の価格ですので、高級外車の中古車選びには注意が必要です。

 

外車の修理費を安くするためのポイント

高額になりがちな外車の修理費を少しでも安くするためのポイントについて紹介します。

全てディーラーでメンテナンスから修理まで行う場合、純正パーツを使用しメンテナンスを行うため、安心して任せることができる反面、修理費は高額になります。

 

ディーラー整備にこだわらないユーザーの場合は、民間整備工場でメンテナンスから修理を行うことも可能であり、ディーラーに比べて費用は安く済みます。ただし、自分の車種に詳しい整備工場を選ぶことが大切で、詳しくない整備工場に入庫した場合、後々トラブルを招きかねません。

民間整備工場の場合には、中古品やリビルド品、純正同等の性能を持つ新品部品(OEM品等)を利用したい場合には、気軽にお願いすることが可能で、純正部品の新品と比較すると安く購入することが可能です。

 

修理費を安くするために、インターネットオークションや解体業者から自分で部品を見つける方法もあります。人気の高いメルセデスベンツやBMW、フォルクスワーゲンなどは、その分、廃車になっているクルマも多く、部品がバラ売りされているケースがあり、部品の流通量は多くなっています。

ワイパーやブレーキパットなどの消耗品やバッテリーの場合は、適合する新品をインターネットショップで選び購入することで、国産車の部品に近い価格で入手することも可能です。なお、ブレーキパットの取り付けについては整備資格を持つ整備工場に依頼しましょう。

 

まとめ

外車の修理費用は、部品が海外から輸入されてくるため部品代が国産車より高くなります。インターネットを使って自分で適合品を購入したり、オークションを利用して中古部品を購入したりすることで、部品代を抑えることが可能です。

また、ディーラー整備にこだわらない場合には、民間整備工場に依頼することで、修理代を抑えることが可能です。ディーラーの整備士は、海外で研修を行うこともあることから、ディーラーの整備工賃は研修費用も含め、高めに設定されています。

外車の修理費用は、年式が古いクルマ、生産台数が少ないレアなクルマ、新車価格が高価な高級車になればなるほど、部品代を含め修理費用は高くなる傾向にあります。

関連記事

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら