お役立ち情報

S-TECH お役立ち情報

BMWの車検費用を安く抑えるために知っておきたいこと

2020/07/16

その他

走行中の白のBMW

BMWの安全な走行のために欠かせないのが、車検。しかしいざ車検に出してみたら、予想以上に費用が高額で驚いた、という経験をした方はいるのではないでしょうか?

 

なんとなく選んだ場所で車検を依頼してしまうと、思った以上に高くなってしまうケースもあるので、事前に情報を調べておく必要があります。

 

そこで今回は、BMWの車検費用が高い理由や、安く抑えるためのコツを紹介します。BMWの車検を少しでも安く抑えたい方、BMWの車検費用に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

BMWの車検費用なぜ高いと言われるのか? 

 

そもそもなぜBMWの車検費用は高いのか、その理由をご存知でしょうか?ここでは、BMWの車検費用が高い3つの理由をご説明します。

 

◇海外から部品を輸入するため 

1つ目の理由は、部品代が高額になること。BMWは輸入車なので、使われている部品が国内で生産されていません。そのため、修理で部品が必要となった際、純正品であればドイツからわざわざ取り寄せる必要があります。当然輸入すると輸送費がかかりますし、税金もかかるので、国内メーカーが部品を生産している国産車と比較すると、費用がかさんでしまうのは致し方ないでしょう。

 

◇交換する部品が多くなるため 

BMWをはじめ、輸入車全般に言えることですが、国産車では消耗品ではない部品が消耗品扱いされているケースが多々あります。そのため、国産車ではそれほど修理や交換が必要なかった部品でも定期的な交換が必要になり、結果的に交換する部品が多くなって費用も高額になってしまいます。

 

これは、車の性能を維持する方法に違いがあります。輸入車は品質の高くない部品であっても、短いサイクルで交換することで性能の高さを維持しますが、国産車は交換の必要がないほど高い品質の部品を使用しているので、交換の頻度が減ります。

 

国産車と同じ意識でいると「BMWは壊れやすいの?」と驚いてしまうかもしれませんが、「そもそも長期間使用することを想定していない」と考えると分かりやすいでしょう。

 

◇専門的な知識が必要になるため 

BMWは輸入車のため、国産車とは使用されている部品も構造も異なります。そのため、整備には専門的な知識が必要となり、ケースによってはBMWの車検ができるスキルを持っている他の工場に外注することもあります。

 

専門的な知識やスキルを持っている作業員の工賃が高くなるのはもちろん、外注すれば中間マージンも発生するので、費用がかさむのは当然と言えるでしょう。

 

BMWの車検時に必ずかかる費用 

BMWの車検をできるだけ安く抑えたいと言っても、最低でも10万円ほどはかかり、加えてメンテナンス費用がかかってしまいます。ここではBMWの車検で必ずかかる5つの費用と、その相場をご紹介するので、チェックしてみてください。

 

◇24ヶ月点検 

道路運送車両法により、2年ごとの実施が義務付けられている24ヶ月点検です。厳密には車検と異なるのですが、同時におこなうのが一般的です。

 

50項目以上の点検項目は全て点検記録簿として記録 され、車検のときに車両の状態などを知るツールとして利用されます。かかる費用は1~3万円程度が一般的ですが、ここにメンテナンス費用が追加されると5〜10万円 になることもあります。

 

◇書類作成 

車検を取得するためには、陸運局に提出するための書類を用意する必要があります。一般的には行政書士に書類作成の代行を依頼するので、1〜2万円程度かかる と考えておきましょう。

 

◇車検取得 

車検を取得するためには、陸運局に許可を得なければなりません。空いている日であれば2〜3時間で済みますが、混んでいる日だと1日かかったり、日にちをまたいでしまうことも。その手数料や作業代として、2〜3万円 かかります。

 

◇自賠責保険料 

自賠責保険料とは、万が一事故が起こった際、被害者が最低限の補償が受けられるようにするために、法律によって加入が義務付けられている保険のこと。普通乗用車の場合は2年間で21,550円 かかります。

 

◇重量税

重量税とは、車の重さに応じて課される税金のこと。購入時に3年分、その後は2年ごとに支払います。1.5〜2tの場合は49,200円で、0.5t刻みで約1万円ずつ金額が増減します 。ただしエコカーだと減税または免税が受けられるので、自分の車の重量税を知りたい方は国土交通省の「次回自動車重量税照会サービス」を利用してみましょう。

 

BMWの車検費用を安く抑えるコツ 

 

 

BMWの車検は国産車に比べて高くなる傾向にありますが、できるだけ安く抑える工夫もあります。ここでは、BMWの車検を安く抑える3つのコツをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

◇工場(カーショップ)を選ぶ 

車検をする際、なんとなくディーラーを選んでいませんか?確かにディーラーは純正品を使用していたり、BMWの整備知識があったりと安心感や信頼度は高いです。しかし、結局車検は外注するので中間マージンが発生し、費用は高額になってしまいます。

 

工場(カーショップ)に直接依頼すれば、中間マージンが発生しないケースが多いですし、純正品ではない部品や中古の部品を使用することで費用が抑えられます。工場(カーショップ)によって作業員の技術力などにばらつきがあるので、信頼できるお店選びをする必要がありますが、ディーラーと遜色ない仕上がりになる工場(カーショップ)も多くあるので、探してみる価値はあるでしょう。

 

◇修理を先延ばしできるか確認する 

車検では、まだ使用できるにも関わらず修理や交換をおすすめされることがあります。例えば、にじむ程度のオイル漏れであれば問題なく走行できますが、修理をすすめられるケースがあります。

 

車に関する知識がないと「おすすめされたから」と修理を依頼してしまいがちですが、1度「この修理や交換の緊急性はどれくらいなのか?」を確認してみましょう。消耗品や故障パーツの優先度を確認することで無駄なメンテナンスを省き、費用を安く抑えられます。

 

◇常日頃メンテナンスを欠かさない 

日頃からメンテナンスをおこなったり、不具合があったときにすぐに修理しておけば、車検時の修理やメンテナンス項目が減って費用を安く抑えられます。

 

 

まとめ

BMWの車検は、部品代や専門知識の必要性などから高額になりがちですが、工夫次第で安く抑えることもできます。今回ご紹介した安く抑えるコツを参考に、できるだけ安く車検を受けましょう。なかでも、工場(カーショップ)を選ぶと簡単に安く抑えられるので、おすすめです。

 

S-TECHは高級車・輸入車の車検経験が豊富な工場(カーショップ)です。ディーラーに劣らないメンテナンスが可能で、見積もりも無料でお出ししますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

整備・車検:https://s-techcars.co.jp/maintenance/

関連記事

    • 展示されているベンツ

      2020/08/06

      整備その他

      ベンツの車検の費用を安くする方法!工場(カーショップ)の選び方についても紹介

      高級外車の代表格であるベンツは車だけでなく、車検費用も高額になりがちです。そんな車検費用を「できるだけ安く抑えたい」と思っているベ...

      続きを読む >

    • キャンプ場に泊まっている輸入車

      2019/09/21

      その他

      故障しない・壊れにくい外車はある?長く乗れる輸入車の選び方

      国産車に無いボディデザインや、アウトバーンでの高い高速走行性能、高い動力性能、優れた安全性能を求めるユーザーに外車は支持されていま...

      続きを読む >

    • ボンネットの中を開けて困っている男性

      2019/09/21

      その他

      外車はすぐ壊れる?日本で輸入車の寿命が短くなる原因を解説

      日本で外車はすぐに壊れるイメージを持つユーザーは少なくありません。確かに以前の外車はゴム部品や内装の劣化、パワーウインドウやエアコ...

      続きを読む >

    • ボンネットを開けて修理をする赤い車

      2019/09/21

      その他

      外車の故障率は本当に高い?外車・国産車の故障率ランキング

      自動車を購入するに際に、耐久性に優れた故障しにくい自動車を選びたいと思うのは、みなさん共通の考えだと思います。多くの自動車メーカー...

      続きを読む >

SERVICE

エステックではお客様が安心、快適にお車を修理に出せるように様々なサービスをご用意いたしております。なかでも、無料出張見積もりは人気なのでぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 各種お支払いOK

  • 無料代車完備

  • 無料出張見積もり
    (車検見積もりを除く)

  • セキュリティ完備

  • 無料相談

調布店へTEL 042-444-0767

世田谷店へTEL 03-6411-1100

定休 日曜日・第二土曜日・祝祭日 
営業時間 午前9:00 - 午後6:00

メールはこちら